デザイン家電・オシャレな家具・カワイイ小物で、素敵な暮らしを提案する
webマガジン【モノート】

Air Engine

BALMUDA

Air Engine

EJT1100SD

独自のダブルファン構造で部屋中の浮遊物質を除去

花粉の季節や、乾燥した時期にとくに気になるのか空気の汚れ。 中国の経済発展の影響もあってか、PM2.5や黄砂も日本まで飛来してきていますし、一年中アレルギー症状に悩まされる人も少なくありません。 そんな現代社会において、「空気を洗う」という行為は、もはやなくてはならないものになってきました。

独自のダブルファン構造

今回ご紹介するのは、おしゃれでスマートな家電を数多く発表しているBALMUDAから登場した新しい空気清浄機「AirEngine」です。
AirEngine独自のダブルファン構造を採用し、強力な循環気流を使って部屋中の浮遊物質を引き寄せて除去してくれるというこの「AirEngine」。デザインもさることながら機能面でも注目の一台に仕上がっていますよ。

BALMUDA Air Engine EJT1100SD

スマートな外観と頼れる機能性を備えています

今までの空気清浄機にはなかった全く新しい構造

まずは「AirEngine」の構造から探っていきたいと思います。
一番の注目ポイントは何と言っても空気清浄機の心臓部分に当たる「ファン」にダブルファン構造を採用しているところです。従来の空気清浄機でありがちのシングルファン構造ではなく、ダブルファン構造を採用した理由は「吸引力の向上」にあります。

シングルファン構造は、その名の通り1つのファンで吸気と排気を行っています。この構造だと、どうしても真上に向けた送風ができませんし、送風量自体が物足りないので、本体の周りのわずかな空気しか清浄することができませんでした。
ここに着目したBALMUDAは、AirEngineに吸引用と送風用の二つのファンを搭載。強力な循環気流と吸引力を生み出すことに成功しました。

はじめに中央のターボファンによって強い吸引力が生まれます。吸引された空気は、360°酵素フィルターを通って清浄され、上部のグリーンファンから真上に向かって送風されるんです。
これが新しい空気清浄の流れ。側面からも吸気を追加することで、最大時にはなんと毎分1万リットルの空気を送り出すというパワーを持っているんですよ。

「真上」に向かって送風する理由も、強力な循環気流を生み出して吸引力を向上させるためなんです。真上に向かって送風すると、天井と壁に沿って空気が移動し、再びAirEngineに吸引されるという空気の循環が生み出されます。

ダブルファン構造と循環気流がテクノロジーが生み出す気流の力は、部屋中の空気が動いていることが体感できるほど強力なんですよ。空気中を舞うホコリはもちろんのこと、ウイルスサイズの微粒子までも引き寄せます。この強い吸引力なら、空気清浄はもちろん、部屋にホコリがたまるのを防ぐこともできそうですね。

BALMUDA Air Engine EJT1100SD

ダブルファン構造と循環気流によるパワフルな吸引力

360°酵素フィルターの力で強力除菌

フィルター部分には、360°酵素フィルターを搭載しています。
溶菌作用をもつ酵素で繊維をコーティングしたというこの360°酵素フィルターなら、酵素の働きで細菌を分解し、ウイルスやカビを不活化してくれます。
これなら従来のフィルターでみられたフィルター内部での細菌の増殖も防げますね。この酵素は自然界の物質なので人に悪影響はなく、無害であることも試験で証明されているので安心して使うことができますよ。

また、触媒脱臭ユニットには、活性炭に加え、繊維に特殊加工された触媒を使用しています。料理などの生活臭やペットのニオイは、活性炭により脱臭。さらにその後、触媒によってニオイ成分自体が分解され、無臭化されます。
ホルムアルデヒドなどシックハウス症候群の原因物質などもしっかりと除去してくれますよ。触媒によってニオイの元となる成分を分解するので再放出されることもほとんどありません!

BALMUDA Air Engine EJT1100SD

酵素フィルターの力で強力除菌が可能です

さすがBALMUDAのデザイン家電

機能面に目がいきがちですが、デザイン面では「さすがBALMUDA!」と感嘆の声をあげてしまいそうなくらいのスマート&シンプルさ!
2013年度レッドドットデザイン・アワード(ドイツ)、グッドデザイン賞(日本)BEST 100、2014年度iFデザイン・アワード(ドイツ)、iFゴールドアワードなど国際的に権威のあるデザイン賞を数多く受賞しているのも納得です。

空気清浄機にありがちの「真四角の薄いボックス」感はなく、タワー型のデザインになっているせいか、Pixar映画「WALL-E」に出てきそうな最先端テクノロジー感を、スマートに表現していますよ。
従来の空気清浄機に比べても設置面積が小さくていいというのもタワー型デザインの恩恵です。
強力な清浄能力を実現しつつも、設置面積はなんとA4の紙一枚とほぼ同じサイズというのだから驚きです!

本体上部の3つのボタンから全ての操作が可能というスマートさもポイントですね。
部屋の明るさに合わせて前面のインジケーターの明るさを自動調整してくれるので寝室での使用も問題なさそうですし、チャイルドロックもしっかり装備しているので、小さなお子様がいる家庭でも安心して使用できますよ!

BALMUDA Air Engine EJT1100SD

シンプル&スマートなデザインもポイント

この製品のスペック情報

メーカー BALMUDA
製品名 AirEngine
型番 EJT1100SD
サイズ W250 × D250mm × H700(mm)
重量 約8.0kg(フィルター含む)
容量 適用床面積:〜36畳/〜60m²
消費電力 72W〜4W
希望小売価格 オープン
ホワイト・ブラック / ホワイト・グレー / ホワイト・シャンパンゴールド
備考

この製品を取り扱うショップへ



※価格は変動している可能性がございます。

詳細はショッピングサイトにて最終確認をお願いいたします。
送料は含みません。

amazon・楽天・Yahoo!ショッピングで空気清浄機の売れ筋ランキングをチェック!

Amazon「空気清浄機」売れ筋ランキング 楽天「空気清浄機」売れ筋ランキング Yahoo!「空気清浄機」売れ筋ランキング